MENU

肺炎による入院期間や子供から大人の治療について

スポンサーリンク

肺炎とは怖い病気であり、現在では高齢者の死亡原因として非常に注意をしたい病気であります。
また肺炎というのは年齢関係なく感染するものでもあります。
主な症状都者、発熱、咳が止まらない、呼吸困難、体がだるいといった倦怠感、また、痰、咳が原因で喉に炎症起こすことや、胸の痛みを訴えるということもあります。
肺炎と認められるためには検査をおこなうのですが、レントゲンやCT、採血をすることで、肺炎かどうかの判断を行います。
肺炎というのは、細菌が原因です。
治療に関しては抗生物質の投与が非常に有効な手段となっています。
肺炎を起こしている原因を特定して、細菌に合わせた抗生物質の使用を行うことが手段として取られています。
また肺炎には細菌とウイルスによるものと、二つの原因があります。
そして、肺炎の原因によっては、入院をして症状の回復を促すものもありまし。

スポンサーリンク

特に入院をしない肺炎としては、「肺炎球菌、インフルエンザ、クラミジア、マイコプラズマ、黄色ブドウ球菌、モラクセラ、レジオネラ」といったものがあります。
上記が原因である場合には、抗生物質の投与により早期の回復が見込めます。
ただし、免疫が衰えている状態や、体が弱っている状態ですと、長期間の治療、入院をする場合もありえます。
入院が必要とされる肺炎には抗生物質よりも、ペニシリンといった物をしようして治療を行うことが多いです。
この場合ですと、症状が深刻な場合がほとんどです。
肺炎というのは、高齢者に感染者がぞうかしていますが、幼児も肺炎により命にかかわる可能性が高いです。特に免疫や気管などがまだ大人のように完成していないため、肺炎による症状も悪化する可能性がたかりです。
幼児の場合には、肺炎の原因となるのは、インフルエンザ、肺炎球菌、モラキセラカタラーリスの比率が高いです。
幼児の場合は上記に記載がありますが、免疫機能が弱いということがありますので、ペニシリン系の抗生物質を使用することが多いです。
また一般的な肺炎の原因というのはマイコプラズマが原因になっていることが多いです。
肺炎は風邪に似た症状であり、なかなか肺炎として自覚するまで時間がかかることが多いです。
そのため、症状が悪化してから病院での治療を行うという方がおおくいらっしゃいます。
また肺炎と喘息を併発してしまうということもあります。
肺炎は抗生物質をしようしなければ基本的に症状の緩和につながると言うことはないので、あまり咳が長く続く場合には肺炎を疑って病院に行くようにしてください。

スポンサーリンク