MENU

肺炎球菌の症状とワクチンついて

スポンサーリンク

皆さんは、肺炎という病気により多くの方が命を落としているという現状をご存じでしょうか?
近年では、メディアでも多く取り上げられているため、皆さんもご存じではないかと思います。
特に多いのが「高齢者」に発症する肺炎です。
この原因として存在してるものが「肺炎球菌」というものです。
これがどういった菌なのかについて説明をしていきたいと思います。
この菌は、主に、「喉、鼻」といった呼吸に使用される部分に付着しやすい菌です。
一般的に、健康な状態で体力がある場合には、感染症を引き起こすといったことはないのですが、、体調を崩してしまったり、高齢者など、呼吸器の機能の低下や、免疫力の低下が原因となって、肺炎をはじめとした病気を起こし、それいがいにも「髄膜炎、敗血症、中耳炎」といった病気を引き起こすことがあります。
また日本人の中では約3%から5%の方では、喉や鼻の奥に肺炎球菌が常在しているといわれています。
主な年齢としては、上記にもありますように高齢者に多いのですが、中には免疫力が未熟な状態の5歳未満、特には乳幼児が感染してしまうということもあります。
年齢の他にも、「糖尿病、心臓疾患、呼吸器疾患」を患っている方や、喫煙者の方では発症するリスクが増加するといわれています。
主な症状は、マイコプラズマが原因となる肺炎とほとんどが同じといえます。

スポンサーリンク

初期の症状としては風邪と類似しているため、気づきにくいということがあります。
肺炎の症状を簡単に説明をすると、
・呼吸が苦しくて息がしづらい、浅くなる(深く吸えない)
・呼吸が速くなったりする。
・体がだるく発熱が起こる(38度を超える高熱など)
・1日中咳が起こり、痰が絡んだ状態が継続する。
・食欲がなくなる。
こういった症状が起こります。
また、肺炎を繰り返し起こすことで、治療によって症状が改善しなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。
日ごろから、体力の低下や呼吸器官の機能の低下を防ぐようにすることが大事になってきます。
また、この肺炎を予防するために「肺炎球菌ワクチン」というものがあります。
このワクチンを接種することで、「肺炎球菌」が原因となる肺炎を予防することが出来ます。
しかし、ワクチンを接種しても、完全に防ぐということはできないのが実情です。
また、他の原因により発症する肺炎を防ぐということも出来ません。
しかしながら、接種によって命に関わるリスクを軽減できるということがありますので、しかり接種を行うことが重要といえます。

スポンサーリンク

肺炎球菌の症状とワクチンついて記事一覧

肺炎というのは、肺の炎症の総称であり、原因となるものは実はいくつかあります。ウイルスや細菌のほか、否定型と3つの原因によっておこります。その中で、肺炎球菌は、重い肺炎を引き起こす原因になるウイルスです。悪化すると、中耳炎や細菌性髄膜炎、菌血症を発症します。そして、最悪の場合には死に至ります。そして、世界的にみても、身体の免疫力が弱い幼児や乳児がこのウイルスに感染すると高い確率で重症化しています。そ...

肺炎というのは、実は原因がさまざまあります。また、子供が掛かりやすい肺炎と、大人が掛かりやすい肺炎というのは異なると言うことがあります。今回は、さまざまある肺炎の中でも「誤嚥性肺炎と肺炎球菌ワクチン」について説明をしていきたいと思います。まず、この誤嚥性肺炎とはどのような肺炎なのでしょうか?この誤嚥性肺炎は大人の肺炎と言ってもいいかもしれません。特に高齢の方に発生することが多く確認されているもので...

大人が中耳炎を発症することがあります。大人が中耳炎を発症したときには注意が必要になると考えられています。それは症状が重く出ることがあるからです。中耳炎と聞くと子どもの病気と考えている人が少なくありませんが、大人になっても中耳炎を発症することがあります。急に発症して耳の痛みと共に高い熱が出て寝込んでしまうと言うこともあります。風邪などによって侵入してきた菌が、中耳で炎症を引き起こして中耳炎を発症しま...

大人でもさまざまな病気を発症することがあります。その中で肺炎球菌に感染することがあります。大人が肺炎球菌に感染したときには、どのような症状が現れるのか気になります。大人が肺炎球菌に感染したときには、基本的に肺炎に似た症状が現れるようになっています。肺炎球菌というのは、肺炎を発症させるものとなっているので、大人では咳が出やすくなったり呼吸困難を引き起こすことがあるので注意が必要となります。このほかに...

肺炎球菌が原因となって肺炎が発症することがあります。肺炎になったときにはしっかりと治療をする必要がありますが、病気を発症させないために肺炎球菌ワクチンを接種するという方法もあります。肺炎球菌が原因となって肺炎を発症した場合には、治療期間が気になります。治療期間に関しては、個人によって違いがありますが、適切な治療を受けた場合には、1週間から数週間という期間で完治することができます。しかし肺炎球菌が原...

高齢者は肺炎になりやすいと考えられています。肺炎による死亡に関しては、医学の発達によって優れた抗生剤が開発されている現在でも多いと考えられています。ここには高齢者が大きく関係していると考えられています。高齢者が急に呼吸困難になり、重症になりやすいと診断されることがあります。高齢者の大きな特徴としては、肺炎の症状があまりでないということです。症状が非定型型となっているので、診断や治療が遅れるというの...

現在ではさまざまな病気があります。その中で病気に感染しないために予防や対策が重要であると考えられています。肺炎球菌に感染すると言うことがありますが、肺炎球菌の感染リスクとして一番高いと考えられているのが、2歳未満の子供と65歳以上の高齢者と言うようになっています。それ以外の年齢層では、肺炎球菌の予防接種を透けるという人が少なくなっています。しかしここで注意をしなければいけないことがあります。それは...

2歳以下の子供は、肺炎球菌に反応する抗体を作って発病を抑える抵抗力がかなり低いので、子供の肺炎球菌は症状が重くなる場合が多いです。子供だけではなく高齢者も肺炎球菌に感染しやすいです。肺炎球菌では、潜在性菌血症が一番起きやすいです。潜在性菌血症とは、高熱の他に症状が無いにもかかわらず、本来ならば細菌のいない血液中に細菌が増える状態を言います。肺炎球菌は喉などから体内に侵入することによって発症します。...

細菌性髄膜炎は罹患した子供の半数以上が0歳の赤ちゃんです。この病気は早期診断が難しい上、抗生物質が効かない菌が多く、生後6ヶ月以降の赤ちゃんに肺炎球菌による細菌性髄膜炎が増えてきています。ですからその前にこの病気に対する免疫をつけておく必要があり、肺炎球菌ワクチン接種が勧められているのです。小児用肺炎球菌ワクチンはWHOが最重要ワクチンの1つとして全ての国で定期接種にするべきだと勧告しており、日本...

子供からお年寄りまで、いろいろな予防接種を受けます。インフルエンザの場合は、毎年流行する時期がありますので、接種する方も多いと思います。ワクチンによって、それぞれの病気に対する抗体を作り、予防することができます。平成26年10月1日から、新たに、高齢者用の肺炎球菌ワクチンの予防接種が、定期接種になりました。特に抵抗力が弱くなっている、65歳以上の方が対象になります。定期接種になったことで、少ない自...

肺炎は、日本の死因第3位です。昔は第1位をしめていましたが、医療技術の進歩によって、年々低下してきました。しかし、最近になって、再び肺炎が増えています。なぜなら、昔は乳児や中高年層に多く見られましたが、現在は高齢者に多く見られるようになったからです。少子高齢化による影響と考えられます。高齢になると抵抗力が低下し、様々な病気にかかりやすくなります。肺炎もその1つです。肺炎は65歳を超えるとかかる確率...

肺炎球菌とは、感染することによって、肺炎や気管支炎、敗血症などの病気を引き起こす細菌です。咳やくしゃみで飛び散ったものが、喉に付着することで感染します。免疫力が弱い高齢者や小さい子供が、感染しやすいです。予防対策としては、ふだんからマスクをすることや、うがい、手洗いなどあります。高齢者の場合は、日常的に、抵抗力をつけるための食事や運動など、健康的な生活を送ることが大事です。また、予防接種として、肺...

肺炎球菌ワクチンとは予防接種の一種で、肺炎球菌に感染する事で発症する肺炎を防ぐ効果があります。ワクチンとは体内に抗体を作るというものなので、あらかじめ接種しておくと感染時に活躍してくれます。体内に肺炎球菌が侵入しても繁殖する前に退治してくれますし、すでに繁殖が始まっていても食い止める効果が期待出来ます。 肺炎を発症した場合に現われる症状としては咳や胸の痛み、痰や頭痛等といったものが挙げられます。悪...

病気というのは、世界中にあふれるくらいの数あります。簡単に症状が治まる病気もあれば、命に関わるもの、また命を取り留めても後遺症が残るものまで実にさまざまです。そこで、重度化になる可能性が高い病気に関して、「ワクチン」というものが生み出されました。簡単にいうと、弱っているウイルスなどを体内に入れることで、免疫力が弱い子供が仮にこのウイルスなどに感染しても重度化しないように、免疫による対応策を体に覚え...

病気に掛からないために需要になるワクチンですが、肺炎にもワクチンと言うものが存在します。みなさんも、幼いときに予防注射など、受けたことがあると思います。そのため、病気に掛からない体をつくるのですが、肺炎の為のワクチンで、肺炎球菌ワクチンと言うものがあるのですが、こちらを受けた際に、副作用がおこることがあります。まず、幼児にかんしてですが、小児用肺炎球菌ワクチンというものがあります。こちらの接種をす...

肺炎球菌ワクチンとは肺炎の予防接種の一種で、特に高齢者は接種する事を勧められています。肺炎は様々な細菌やウイルス等に感染する事で発症する場合が多く、肺炎球菌も原因となる細菌の一つとしてよく知られています。 肺炎を発症すると咳や胸の痛み、大量の痰の発生等といった症状が見られるようになります。ひどくなると肺の機能が低下するため呼吸困難が起きる事もあり、最終的には命に関わる事態になる可能性も否定出来ない...

肺炎の症状が起こることで、咳をはじめ様々な症状に悩まされます。この肺炎のほとんどの原因というのが、「肺炎球菌」というものになります。そして、「インフルエンザ」「マイコプラズマ」となっております。そして、肺炎の原因の中でも肺炎球菌というのは、感染することで、重度になりやすい傾向があります。またおなじく乳幼児のように抵抗力、体力がまだ低い子供にとっては肺炎という病気は重度化につながるものでもあります。...

皆さんは、ワクチン接種をした後に、痛みを感じたことがありますか?これは、接種中の注射の針の話ではなく、打った後の話になります!全員とはいかないものの、痛みや、体がだるいなど感じたことがあるのではないでしょうか?今回は、「肺炎球菌ワクチンの腕の痛みによる副反応」について説明をしてきたいと思います。これは、前提として、どのワクチンでも同じように症状がおこるので、特別に肺炎球菌ワクチンだからという話では...

肺炎を防ぐうえで重要となるのが、「予防接種」になります。皆さんも幼い頃に、予防接種を行ったことがるのではないでしょうか?これによって、仮に病気に感染しても予防接種のおかげで重度化することが少ないということがあります。そのため、予防接種というのは重要であり、特に幼い子供となるとその病気も重度化する可能性があるので、事前に予防をするという点では非常重要な方法になるかと思います。さて、肺炎にも予防接種と...

肺炎というと、咳が出ることが特徴の病気です。基本的には、自然治癒が難しい病気でもあります。そのため、治療に関しては医療機関での抗生物質の使用が必須になっていきます。また、子供場合には、大人に比べて肺炎が重度化する可能性があります。そのため肺炎にはワクチンが存在します。この場合に行われるワクチンというのは、「肺炎球菌ワクチン」と呼ばれるものです。このワクチンを行うことで肺炎に感染しにくくなります。む...

肺炎球菌ワクチンというものがあります。肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎を発症することを防ぐことができます。予防接種を行った後は、一定の期間体にいくつかの反応が見られるようになっています。なぜこのように体にいくつかの反応が見られるようになっているのかというと、肺炎球菌ワクチンの予防接種そのものによる副反応だけではなく、偶然に発見された病気の可能性もあります。肺炎球菌ワクチンの接種によって皮膚が...

肺炎球菌感染症とは肺炎球菌に感染することで発症する感染症のことです。肺炎球菌は咳やくしゃみによって周囲に飛び散り、それを吸い込んだ人の鼻やのどの奥などに住み着きます。免疫力が十分にある状態なら肺炎球菌が鼻やのどの奥などに住み着いても感染症を発症することは少ないですが、免疫力が低下している状態だと感染症を発症しやすくなります。肺炎球菌感染症の中でも代表的な病気が肺炎です。肺炎の原因菌は多数ありますが...