MENU

高齢者の肺炎の症状や治療等について

スポンサーリンク

肺炎とはその名の通りに肺で炎症が起きてしまう疾患の事で、直接的な死因となる事も少なくないです。
肺炎が発生する原因は主に細菌やウイルスの感染で、原因となる細菌等には複数の種類があります。
代表的なものとしては肺炎球菌やインフルエンザ菌、マイコプラズマ等がよく知られています。
 肺炎を発症した場合に現われる症状については、咳や胸の痛み、発熱や全身の倦怠感等が挙げられます。
それ以外にも頭痛や食欲不振等もあり、悪化すると呼吸困難や意識障害等が発生し、命に関わる事態になる事もあります。
 特に高齢者が肺炎を発症すると重症化しやすく命の危険に繋がる傾向にあるため、高齢者の患者には細心の注意が必要となります。
そのため胸の辺りに違和感を感じたり咳が多かったりする場合には、早めに病院を受診するのが望ましいです。
 病院での治療方法については化学療法を行なうのが一般的で、抗生物質や抗菌薬等が処方される事になります。
それ以外の治療方法としては呼吸管理や脱水の予防や対処、栄養状態を改善する等の治療が行なわれます。
 ちなみに前述したように高齢者が発症した場合は、症状が重くなりやすいという特徴があります。

スポンサーリンク

 

なぜ高齢者だと症状が重くなるのか?

 

老化に伴う免疫力の低下、基礎疾患を持っている場合が多い等が関係しています。
高齢者というのは、本来ですと咳などでウイルスや細菌を体の外に排出するのですが、体の機能低下によって充分な肺活量を見いだせずに体外に排出することが出来ない事があります。
これによって、体内に原因となる細菌やウイルスが滞在した状態が続いてしまうということがあります。
また基礎免疫力が低下している為に治るのに時間がかかります。
基礎疾患があると重症化に拍車をかけてしまう事があるということもあります。
高齢者の場合の治療方法は基本的に通常と同じですが、口から薬を飲むのが難しい場合がある等の特徴があります。
こういった場合には無理に口から飲ませずに、点滴という形で薬の投与が行なわれます。
さらに、高齢者は肺炎を繰り返し安いという傾向にあります。
この症状によって慢性化すると次第に治療薬も効果がなくなってしまうということになったり症状の回復に時間がかかってしまうということがあります。

スポンサーリンク