MENU

肺炎で使用される「クラビット」ってどういうものなの?

スポンサーリンク

肺炎というと、主に咳が止まらなくなる病気です。
皆さんの中にも感染した経験をしたことがある人も多々いるのではないでしょうか?
メディアでも取り上げられている肺炎ですが、肺炎には、種類があるという事はあまり知られていません。
そして、その種類によっても治療方法というのは、異なってきます。
今回は「マイコプラズマ肺炎」の治療薬「クラビット」の作用について説明をしていきたいと思います。
このマイコプラズマ肺炎というのは、感染力が強く、秋口から冬場に猛威を振るいます。
年によっては、集団感染して、非常に多くの患者さんを出す年もあります。
特に、子供ですと、集団感染などが多く流行する病気ともいえます。

スポンサーリンク

基本的には、風邪のような症状のため、なかなか気づかないというのも特徴です。
そのため、長期の咳によってはじめて肺炎を疑うという人もたくさんいらっしゃいます。
このマイコプラズマ肺炎で使用される治療薬で「クラビット」というものがあります。
マイコプラズマ肺炎の原因というのは、マイコプラズマという名前の細菌です。
細菌というと本来であれば、細胞壁を持っているので、ペニシリンのような抗生物質で対抗ができるのですが、例外として、このマイコプラズマは細胞壁を持っておらず効果がありません。
主な原因というのは、「のどの痛み、37度から40度の熱、タンのでる咳、呼吸困難、胸部の痛み、など」があります。
マイコプラズマ肺炎の治療は、抗生物質が使用されることが主なのですが、近年、マイコプラズマの細菌に耐性がつき始めた事により治療薬の効果が薄くなっている物が有ります。
以前は「クラリス」「ジスロマック」という処方箋が有りましたが、耐性菌にも効果が見込めるという事で、「クラビット錠」が処方される場面が増えてきました。
このクラビットというのは、細菌感染に効果が高く見込める物です。
しかしながら、効果が強いため、子供、妊婦などある一定の患者さんでは使用に関しては、副作用の可能性があるため、使用の許可がでないものも有ります。
制限はあるのですが、副作用の症状は軽いと言われています。
ちょっと矛盾をしている部分もあるのですが、これはクラビットの使用によって、アナフィキラシーショックやけいれんという症状が起こったという事が有ったが為に、一部の方での使用を制限しているとう背景があります。

スポンサーリンク