MENU

肺炎治療薬「クラビット」の副作用ってどんなものがあるの?

スポンサーリンク

肺炎といえば、簡単にいうと咳が長い期間続く病気で、肺の中に、病原菌となる細菌やウイルスが入り込むことで症状が起こります。
また肺炎といのは、いくつか種類が存在しており、その種類によって治療方法というのがことなってきます。
さて、その様々な治療方法の大部分で行われるのが薬物療法であり、経口摂取によるお処方箋の治療になります。
その肺炎の治療薬として、活躍をしているもので、「クラビット」と呼ばれる治療薬があります。
肺炎の種類で、「マイコプラズマ肺炎」というものがあります。
この肺炎の原因というのは、「マイコプラズマ」という名前の細菌です。
名前の通りの肺炎ですので、非常にわかりやすいのですが、このマイコプラズマという細菌は非常に力が強い最近です。
そのため、秋から、患者の方が現れ始めその後、ものすごいスピードで感染者が増加する肺炎でもあります。
肺炎の症状の初期というのは、風邪の症状とほとんど同じであるため、なかなか区別がつないというのも原因といえるかもしれません。

スポンサーリンク

また、もともとは感染力はさほど強くはないので、お手洗い、うがいをしっかりと行えばあまり感染することは少ないということがあるのですが、特に家族間など、細菌が付着した部分を共有する部分が多くこういった場所から感染するということがあります。
さて、このマイコプラズマですが、本来であれば細菌ですので、「細胞壁」というのも持っているので、ペニシリンのような抗生物質で対抗ができるのですが、マイコプラズマは、まったくの例外で細胞壁をもっていないので、このペニシリン系の薬が作用しません。
また、近年の細菌というものは、薬に対して耐性を持っているということで、中には従来の治療薬が聞かないというものがあります。
そこで、「クラビット」という薬になりますが、こちらですと耐性を持った細菌でも対処することができます。
このクラビットというのは、副作用はあまりないといわれますが、個人差によって副作用が出ることがあります。
大まかな副作用としては、発疹が出たり、下痢がでるという症状です
また、光過敏に反応を示すものがあり、光線過敏症と呼ばれ、皮膚に発疹や水ぶくれが起こることがあります。
皮膚が弱い場合のは、日光には注意をするようにしてください。
またけいれんやアキレス腱障害、横紋筋融解症、低血糖、不整脈という症状がを起こした方もいます。
これは、高齢者や腎臓の機能が低下されている方は注意がひつようです。
「アナフィラキシー、嘔吐、寒気、しびれ、蕁麻疹、呼吸がくるしい、めまい」といった副作用が起こることがあります。
副作用が事態は少ないということではありますが、妊婦の方や幼児の方では使用を制限されることもあります。
いずれにしろ、体調に違和感を感じたら医療機関で相談をしてみるようにしてください。

スポンサーリンク