MENU

「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??

スポンサーリンク

肺炎を防ぐうえで重要となるのが、「予防接種」になります。
皆さんも幼い頃に、予防接種を行ったことがるのではないでしょうか?
これによって、仮に病気に感染しても予防接種のおかげで重度化することが少ないということがあります。
そのため、予防接種というのは重要であり、特に幼い子供となるとその病気も重度化する可能性があるので、事前に予防をするという点では非常重要な方法になるかと思います。
さて、肺炎にも予防接種という方法があります。
肺炎の場合には、種類があるので、すべての肺炎に効果があるというわけではありませんが、「肺炎球菌」というものが原因の肺炎にかんしては効果が認められます。
また、どのワクチンでも見られるものですが、「副反応」というものがあります。
今回は「肺炎ワクチンの副反応」について説明をしていきたいと思います。
この小児用肺炎球菌ワクチンの接種によって起こる副反応というのは、まずは発熱です。
そして、接種した注射の位置に腫れや赤みを起こるというのが多いです。
皆さんも経験されたことがあるかとおもいますが、接種後の跡が赤くはれて蚊に刺されたようになっている状態というのは、腕の内部で摂取したワクチンに対抗するための「抗体」を作っているからなんです!!
ちょっとかゆかったり、痛みがあるのは、抗体を作っているためなのですが、この抗体があるために、病気から体を守ってくれるということがあるので、非常に重要な過程です!!

スポンサーリンク

また発熱も基本的には、微熱が起こることが多いです。
このあたりの副反応というのは、インフルエンザワクチンなど多くのワクチンでも起こるものなので長くても1日もしくは2日で症状が完治するのがほとんどです。
ごくまれな症例としてしてはアナフィラキシー反応を起こす方や、呼吸困難、蕁麻疹、アレルギーの症状を引き起こす方がいます。
たいてい、このような強烈な副反応が起こるのは注射後の1時間以内に発症することが多いので、特に予防接種後の30分は観察を行う必要があります。
もしも、症状が起こった場合には緊急と考え早期に医療機関で対応していただくようにしてください。
また、ワクチンによって起こる発熱はたいていが微熱なのですが、38度、39度以上という高熱を出す人もごくまれにいらっしゃいます。
この場合でも、最大2日ほどで症状は落ち着くのですが、3日以上経過しても症状が回復しない場合には、医療機関での検査を行ってください。
また発熱時には脱水症状に気を付けるようにしてください。
基本的には、予防接種というのは、安全を確認されたものが使用されております。
また多くの方で安全を保証されてはいますが、体質や体調などによっては、副反応が強く出ることがあるので注意がひつようです。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?