MENU

「風邪」「肺炎」など感染する原因とはいったいなんなの!?

スポンサーリンク

肺炎というと、原因は一つのように感じるかも知れませんが、種類がいくつかに分かれており、なおかつさらに枝分かれしておりさまざま存在します。
大きく分類すると、「細菌性肺炎」「ウイルス性肺炎」「マイコプラズマ肺炎」「誤嚥性肺炎」
などがあり、全体では20種類を超えるだけの原因が存在します。
さて、この肺炎ですが、「うつる肺炎とうつらない肺炎」があります。
肺炎が他人に感染するというイメージは少ないかと思いますが、これもやはり原因により異なってきます。
まずは、他人に感染する可能性が極めて低い肺炎というのが、「誤嚥性肺炎」というものです。
こちらは高齢者に多く起こる肺炎で、日常生活で蓄積して起こる肺炎です。
続いてが、風邪が元の原因でありこちらをこじらせて起こった肺炎というの感染するという可能性が低いといわれています。
また、他人に感染しにくい肺炎としては、「薬、カビ、アレルギー」などが原因によりひきおこされた肺炎です。
これは、原因が本人の体質や環境に起因しているということがあります。

スポンサーリンク

続いてが、うつる肺炎ですが、これは咳に含まれた「細菌」や「ウイルス」を他人が吸い込むことで感染するというものです。
主には、「インフルエンザ肺炎」や「マイコプラズマ肺炎」、「肺炎球菌」というものがあります。
まれな原因としては、SARS(重症急性呼吸器症候群)というものもあります。
肺炎の症状で共通しているものとしては、咳があります。
風邪などの感染経路としても同じなのですが、主に飛沫感染でうつります。
咳と同時に出された飛沫に含まれる「細菌、ウイルス」を第三者が吸い込むことで症状がを起こします。
また病原体が細かいために、空気中に浮遊している細菌、ウイルスを吸い込むことで感染するということもあります。
また、マイコプラズマ肺炎などは、飛沫感染が原因の場合もあれば、菌が付着した部分を触る(ドアや水道の蛇口)ことで感染することが多いです。
基本的には、「うがい、マスク、手洗い」で防げることが多いといわれています。
初期の症状が風邪に近いということもあり、気づかないうちに肺炎の病原体に感染していることもあるので、秋が始まり空気の乾燥が確認できてからは特に注意がをする必要があります。

スポンサーリンク