MENU

「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?

スポンサーリンク

肺炎というと、咳が出ることが特徴の病気です。
基本的には、自然治癒が難しい病気でもあります。
そのため、治療に関しては医療機関での抗生物質の使用が必須になっていきます。
また、子供場合には、大人に比べて肺炎が重度化する可能性があります。
そのため肺炎にはワクチンが存在します。
この場合に行われるワクチンというのは、「肺炎球菌ワクチン」と呼ばれるものです。
このワクチンを行うことで肺炎に感染しにくくなります。
むしろ、感染をした場合にも症状があまり深刻になりにくいということがあります。
さて、今回は「肺炎球菌ワクチンと中耳炎」について説明をしていきたいと思います。
なぜ、肺炎なのに中耳炎の話?って思うかと思いますが、意外にも関係があります。
そもそもの中耳炎の原因というのは、風邪や肺炎、インフルエンザというものです。

スポンサーリンク

そして、細菌やウイルスが唾液や、鼻水に含まれるのですが、この際に、鼻を通じて、この細菌、ウイルスが耳の中に入ってしまうことがあります。
この鼻と耳のつながりの部分は中耳になり、この耳の中耳が炎症を起こすことを中耳炎といいます。
そして、痛みや難聴、激しいかゆみ、頭痛など多くの症状を起こします。
さて今回は、肺炎球菌ワクチンによって中耳炎の予防ができるというお話です。
こういった話を、周囲の方から聞いたことがあるという方がいるかもしれん。
では、実際のお話になるのですが、確かに有効性はないとは言えないのですが、これはあくまで中耳炎の原因が肺炎球菌である場合のお話になります。
ですので、ほかの、インフルエンザや風邪が原因であった場合には、これは当てはまりません。
特に、免疫力が低下している、疲れたたまっている場合には、特に中耳炎に感染する可能性が高いです。
そして、肺炎球菌ワクチンも、必ず感染を予防できるというものではないので、仮に肺炎球菌により中耳炎になっても症状が軽度な可能性があるということです。
中耳炎になった際には、肺炎同様に自然治癒が困難な病気ですので、早期に医療機関で診察、治療を行うようにしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?