MENU

「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??

スポンサーリンク

肺炎の症状が起こることで、咳をはじめ様々な症状に悩まされます。
この肺炎のほとんどの原因というのが、「肺炎球菌」というものになります。
そして、「インフルエンザ」「マイコプラズマ」となっております。
そして、肺炎の原因の中でも肺炎球菌というのは、感染することで、重度になりやすい傾向があります。
またおなじく乳幼児のように抵抗力、体力がまだ低い子供にとっては肺炎という病気は重度化につながるものでもあります。
この肺炎の予防策として、「肺炎球菌ワクチン」というものがあります。
皆さんも予防接種を受けたごとがあるかと思います。人によっては幼い頃に受けているために覚えていないという方もいます。
さてワクチンによってどのような恩恵が受けられるのかというと、肺炎球菌による肺炎になった際に、症状が重度になりにくいということがあります。
そのため、乳幼児を守るのに非常に重要なものとなります。

スポンサーリンク

さて、今回は、「肺炎球菌ワクチンと喘息」について説明をしてきたいと思います。
喘息というのは、肺炎同様に咳が止まらない疾患です。
しかも、原因が様々あり、なおかつ一度、咳が出だすとなかなか止まらず強い咳が出るのが特徴です。
人によっては呼吸困難や呼吸不全の状態に陥ることもあり命に関わるほどの疾患となります。
さて、喘息の症状をもっている方というのは、肺炎のワクチンを打つことで喘息に影響が出るということがあるのでしょうか?
実は、このような疑問を持たれている人というのは、かなりたくさんいらっしゃいます。
実際のところ、喘息に方に肺炎球菌ワクチンを接種しても、大きな問題はないとされています。
これは、少し考え方の部分もあるのですが、ワクチン接種により一時的に、発熱、だるいといった症状が起こることがあります。
人によっては、喘息の軽度な発作が出るかもしれません。
しかし、この際に、すぐに処置をして異常がなければ、接種することが好ましいかと思います。
ワクチン接種をしないことで、肺炎の症状が深刻化してなおかつ喘息の発作が同時に起こったとしたら、それこそ命に関わる可能性が高いということです。
最終的な判断は、接種をする方になりますが、比較的に、ワクチンによる副作用はまず起こらないのですが、ご心配の方は医療機関でご相談をしてみてください。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?