MENU

個人差はありますが、肺炎のおおよその治療期間について

スポンサーリンク

喉のに関わる病気は様々ありますが、そのひとつに肺炎があります。
皆さんは肺炎という病気をご存知であると思います。
肺炎は日本人の死因第四位と言われていて、現在でも多くの人がかかる病気で、重症化したり高齢者の方が感染すると死に至ることもあります。
肺炎というのは、風邪のように身近な存在の病気です。
数年に1度は、大流行をお越し、日本全国でパンデミックをお越します。
肺炎は風邪と同じく身近な為、扱いも同じように考える方もいらっしゃいますが、肺炎の場合には、風邪と異なりやっかいな事が多いです。
そんな肺炎ですが、まず、肺炎になる原因は細菌性のものと非細菌性のものに分かれています。※ウイルス性も存在します。
「咳がいつまでも続いて苦しい」「熱が一向に下がらない」というような症状がある人は、肺炎を疑ってみるべきかもしれません。
肺炎の症状は咳や発熱、たんなどがあり、風邪やインフルエンザとよく似ていて「風邪をこじらせるとなる」と言われていますが、風邪とは全く別の病気なのです。

スポンサーリンク

息切れや痰、38度以上の高熱が風邪やインフルエンザよりも長引き、重症化してしまう傾向にあります。
では治療の方法はどのようなものがあり、どのくらいで治るものなのでしょうか。
肺炎の治療法は原因によって違い、細菌性の場合には細菌を殺菌するための抗生剤の投与が行われます。
原因となる細菌に合わせて、使用される抗生剤は違ってきます。
非細菌性の場合には咳や熱、痰、気管支の症状などに合わせた対処療法が行われ、症状によっては二次感染を防ぐために抗生剤の投与が行われます。
どのくらいで治るのかはその人の体力や症状によって変わりますが、一般的には処方された薬剤を服用ししっかりと休養を取りながら安静にしておくことで、1週間ほどの療養で治ると言われていますが、高齢者や体力が落ちている人の場合には重症化し、入院が必要な場合もあります。
年齢が若い人や体力がある人は治るまでの期間は短めで4日ほどで大抵よくなります。

スポンサーリンク