MENU

肺炎だけではなく咳全体病気で頭痛は起こります!!

スポンサーリンク

肺炎の症状がで人によっては、「頭痛」が起こることがあります。
今回は数多くある症状の中で「頭痛」について説明をしていきたいと思います。
この頭痛というのは、文字通りの頭の痛みになるのですが、この頭痛の原因というのは、実は現在の医療技術をもってしてもまだ解決していないという事なんです!
ということで、お話が終わってしまったら何も解決はしないのですが、これは本当のことで、頭痛が起こるメカニズムについてはまだまだ研究段階であるのが現状です。
しかし、予測として、頭痛というのがどうして起きているのかについて説明をしてきたいと思います。
肺炎に限らずなのですが、咳をする病気というのは、すべて肺の空気を利用して咳を出します。
また、気管支炎や喘息などは特に呼吸困難の危険もあるような呼吸が苦しい状況の時があります。
もちろん、風邪、インフルエンザ、肺炎でも同じように呼吸困難のような症状がを起こすことがあります。

スポンサーリンク

じつはここが頭痛の原因とされている部分でもあるのですが、それは「呼吸」です。
肺というのは、体の中に新鮮な空気を取り入れて、代わりに血液が循環してきて戻ってきた二酸化炭素を吐き出します。
これが呼吸のメカニズムなのですが、今いわれている、頭痛の原因としては、この酸素量が低下しているということがあるようです。
また、咳が出てり、発熱の症状が起こることで一時的に血管が拡張したり、縮小したりということが起こります。
この際の血管の動きによって神経が刺激されることがあり頭痛が起こるというものです。
特に酸素量が少ないことで起こる頭痛というのは、酸素が足りないという脳からのメッセージといわれています。
咳全般の病気というのは、咳を起こすために呼吸をどうしても行う必要があります。
そのために、本来体が必要としているだけの酸素が供給できていないということがあるようです。
このようにして、頭痛というのは症状がとして現れます。
まだまだ研究段階ということもありますが、このようなお話があるようです。

スポンサーリンク