MENU

大丈夫!?肺炎で血痰がでている症状について!

スポンサーリンク

皆さんは、口から急に血が出るような事が起こったらどのような反応を示すでしょうか?
多くの方がパニックの様な症状を起こすのではないかと思います。
また自分がどのような病気になっているのかということで心配になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は肺炎の症状による「血痰」について説明をしてきたいと思います。
血痰というのは、血液と、痰が混じった物です。
このような症状になると、体調が悪いだけに、本人やご家族としても不安を感じてしまうのではないかと思います。
この血痰というのは、実はよくある症状であるので、あまり不安にならなくても大丈夫かと思います。

スポンサーリンク

この血痰の原因というのは、咳が頻繁に出ることで喉を傷めてしまったり、痰を無理に出すので気管を傷めたという事がほとんどです。
咳が頻発する病気というのは、たくさんあり「風邪、インフルエンザ、ぜんそく、気管支炎」などがありますが、これらの病気で血痰が出る原因というのは、ほとんど共通と考えていただいてもらってかまいません。
しかし、この原因というのは、ほとんどが共通であり異なる場合があります。
それが、「結核」と「肺がん」になります。
この場合には、症状として血痰の症状が起こることがあります。
そして、似ているものとして、「肺炎」と「肺結核」があります。
この二つというのは、症状がほとんどそっくりという事がありますので、検査を行わなければ気づかないという事があります。
また肺がんの場合にも初期の症状は咳ですので、こちらも初期の段階ではわからないという事があります。
肺がんについてはここでは触れませんが、肺結核というのは、「咳、痰、発熱」という症状があり、またレントゲンの検査でも影が出るという事で基本的には、見分けることが困難です。
血液検査やツベルクリン検査を行うことで結核と肺炎と区別することができます。
肺結核というのは、肺の細胞をこわしてしまう病気ですので、咳が頻繁に出る場合には注意をする必要があります。

スポンサーリンク