MENU

肺炎って「自宅療養」することができる病気なんですか!?

スポンサーリンク

肺炎といえば、肺に細菌やウイルスが入り込むことで炎症を起こす病気です。
そして、肺炎というのは、症状によって命に関わることもあるので、注意がしなけれいばいけない病気でもあります。
さて、今回は「肺炎の自宅療養」について触れてみたいと思います。
肺炎といえば、近年ではメディアで取り上げられていることもあり、命に関わる病気というイメージが強く根付いているのではないでしょうか?
そのため、医療機関で肺炎と聞いて、自分やご家族の命を案じてしまうという方もいるかと思います。
しかし、これは肺炎の種類にも関わっています。
肺炎には、大きく分けて原因があり「マイコプラズマ」「細菌」「ウイルス」といったものがあります。

スポンサーリンク

また、メディアが取り上げている肺炎というのは、「誤嚥性肺炎」と呼ばれるものです。
まずはこの誤嚥性肺炎ですが、これは、高齢者など本来は食べ物や飲み物を飲んだりした際に、食堂を通るのですが、機能が低下しているために、一部が気管に入ってしまうことです。
この際に、肺炎の原因となる細菌も一緒に流れてしまうため、肺炎になるというものです。
また、体の機能が低下しているために、同じような原因で何度も肺炎を治して、感染してを繰り返すことで、菌に耐性がついてしまい薬の効果がなくなってしまうというものです。
このような誤嚥性肺炎ですと、基本的には入院になってしまいます。
また乳幼児の場合には、免疫力が未熟ということもあるため、入院になるケースが多いです。
特に原因が「肺炎球菌」である場合には、重度の症状なることもあります。
肺炎というのは、体力や免疫力が低下している場合は特に重度になりやすいのですが、たいていの場合には、自宅療養になる場合がほとんどです。
肺炎で多い原因である「マイコプラズマ」や「風邪」「インフルエンザ」などが原因である場合には、医療機関で検査を行ってあとは、薬物療法で自宅で過ごすことがほとんどです。
この際の注意点は、マスクをつけ、しっかりと水分補給そして、疲れがたまっている方などはしっかりと療養するということが大事です。
肺炎は、まずは原因をしっかりと把握する事が重要です。

スポンサーリンク