MENU

肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について

スポンサーリンク

大人が中耳炎を発症することがあります。
大人が中耳炎を発症したときには注意が必要になると考えられています。
それは症状が重く出ることがあるからです。
中耳炎と聞くと子どもの病気と考えている人が少なくありませんが、大人になっても中耳炎を発症することがあります。
急に発症して耳の痛みと共に高い熱が出て寝込んでしまうと言うこともあります。
風邪などによって侵入してきた菌が、中耳で炎症を引き起こして中耳炎を発症します。
急性と慢性に分けることができますが、一般的には鼻から侵入したウイルスや細菌が中耳で炎症を引き起こして、膿や水がたまるという急性中耳炎を発症することが多くなっています。
急性のほかに慢性や滲出性というように分けることができます。
慢性は急性が長引いて3ヶ月以上続いたり、何度も再発を繰り返して鼓膜に穴が開いた状態になっています。
体質や耳の構造で慢性へと移行することがあります。
したがって注意が必要となります。

スポンサーリンク

この中で大人の発症が一番多いと考えられているのは急性中耳炎となります。
大人が発症する原因としては、風邪やインフルエンザというような細菌感染です。
ウイルス感染が原因となったり、肺炎などを患うことが原因となって発症すると考えられています。
このときに肺炎の原因となっている肺炎球菌感染症にかかっているときにも発症すると考えられています。
肺炎球菌感染症では、体の免疫力が低下し、細菌やウイルスが中耳へと伝わることが原因で発症します。
したがって肺炎球菌感染症を発症しているときには注意が必要になります。
肺炎球菌感染症とはどのような特徴があるのかというと、小さい子供や高齢者がかかりやすいと考えられています。
体の中に肺炎球菌が侵入することでさまざまな症状が現れるようになっています。
肺炎球菌感染症は、子供と接する機会が多い大人もかかりやすいと言うことがわかっています。
大人の中耳炎では、肺炎球菌感染症が原因となっていることもあります。
したがって病院を受診し、原因の特定を急ぐ必要があります。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?