MENU

肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状

スポンサーリンク

肺炎球菌ワクチンというものがあります。
肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎を発症することを防ぐことができます。
予防接種を行った後は、一定の期間体にいくつかの反応が見られるようになっています。
なぜこのように体にいくつかの反応が見られるようになっているのかというと、肺炎球菌ワクチンの予防接種そのものによる副反応だけではなく、偶然に発見された病気の可能性もあります。
肺炎球菌ワクチンの接種によって皮膚が赤く腫れることもあります。
赤く腫れるというような症状が出ないためには、予防接種を受ける前の健康状態をしっかりと把握しておくことが必要です。
また体の調子がよいときに肺炎球菌ワクチンを接種するようにします。
予防接種を受けた後に体に現れる症状としては、皮膚が赤く腫れることがありますが、このほかにショックやアナフィラキシーのような呼吸困難や全身性のじんましんなどを伴うというような副反応が出ることもあります。

スポンサーリンク

したがって肺炎球菌ワクチンを接種したときには、接種後30分以内には病院で様子を見るというような対応をすることが必要です。
肺炎球菌ワクチンを接種した部分の皮膚が赤く腫れると言うことや、硬くなってしまうことがあります。
ワクチンを接種したときの赤く腫れるというような症状に関しては、3日から4日で消えると考えられています。
このように赤く腫れる症状が1ヶ月を経過しても残ることがあります。
このようなワクチンを接種した部位の異常が消えないと言うときには、かかりつけ医に相談をするようにします。
赤く腫れるという症状以外に発熱が見られることがあります。
ワクチンの接種で37.5度以上の発熱が見られることがあります。
発熱の症状多くは摂取した当日や翌日に見られることが多く、普段と様子が異なるときや、症状が3日以上続く場合には、かかりつけ医に相談をする必要があります。
しかし予防接種で一度発熱をしたことがあるからといって、必ずしも次の接種で同じ症状が現れると言うことはありません。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?