MENU

子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について

スポンサーリンク

2歳以下の子供は、肺炎球菌に反応する抗体を作って発病を抑える抵抗力がかなり低いので、子供の肺炎球菌は症状が重くなる場合が多いです。
子供だけではなく高齢者も肺炎球菌に感染しやすいです。
肺炎球菌では、潜在性菌血症が一番起きやすいです。
潜在性菌血症とは、高熱の他に症状が無いにもかかわらず、本来ならば細菌のいない血液中に細菌が増える状態を言います。
肺炎球菌は喉などから体内に侵入することによって発症します。
初期の症状は発熱と機嫌が悪くなることで、採血をしても風邪と区別できないことが少なくないので、早期発見をすることが困難です。
その後は意識が無くなったり、痙攣を起こしたり、ぐったりしたりといった症状が見られます。
化学療法剤で効果がない耐性菌が多いので、治療が難しくなります。
重症化すると感染症の症状が重くなります。
肺炎球菌によって細菌性髄膜炎を発症した場合は、運動障害や聴力障害、知能や発達に後遺症が残る可能性があります。

スポンサーリンク

一般的に推奨される子供用肺炎球菌ワクチンを接種することで、予防することが可能です。
ワクチンとは、弱らせた病原体の一部を体に接種し、体にその病気にかかったと見せかけて、その病気に対する抵抗力をつけるものです。
予防接種によって感染の重症化を防ぐことができます。
病院で主治医と相談してどのワクチンを接種するのか決めることが大切です。
子供用肺炎球菌ワクチンの副作用としては、37度台後半の発熱、注射した部分の腫れや痛みや赤みといった症状が現われます。
予防接種をしてから約30分間は、病院で子供の様子を観察したり、病院にいられなくても医師からの連絡にすぐに応じられるようにしたりすることが大切です。
また、予防接種をしてから約4週間は、副作用が出やすいので注意しなければなりません。
子供用肺炎球菌ワクチンを受けられない場合があります。
37度台後半以上の発熱の症状が現われる場合や、医師から予防接種を受けない方が良いと診断された場合などです。
予防接種の対象年齢が決まっているのでしっかりと調べて間違いのないように接種できることが大切です。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?