MENU

肺炎球菌の高齢者の症状

スポンサーリンク

高齢者は肺炎になりやすいと考えられています。
肺炎による死亡に関しては、医学の発達によって優れた抗生剤が開発されている現在でも多いと考えられています。
ここには高齢者が大きく関係していると考えられています。
高齢者が急に呼吸困難になり、重症になりやすいと診断されることがあります。
高齢者の大きな特徴としては、肺炎の症状があまりでないということです。
症状が非定型型となっているので、診断や治療が遅れるというのが大きな特徴があります。
すでにほかの病気を患っているという人が多いので、肺炎が急激に重症化するというような特徴があります。
高齢者の肺炎の原因菌となっているのが、肺炎球菌となります。
子供と同じように症状が重くなりやすいですが、要介護の人では体力や抵抗力が低下していると言うことで、身体の中に侵入した細菌やウイルスを取りのぞくことができないので肺炎になりやすいと考えられています。
このときに関係しているのが肺炎球菌となります。

スポンサーリンク

高齢者の場合どのような症状が現れるようになっているのかというと、激しい咳をするようになります。
このときに黄色や緑色の痰を伴うことがあります。
倦怠感や悪寒を感じることもあります。
咳が出ずに食欲不振や悪寒だけの症状が現れることもあります。
38度以上の発熱を伴うこともあります。
この症状が3日常続くことがあります。
筋肉痛や関節痛や呼吸困難やチアノーゼの症状が現れることもあります。
肺炎は風邪とは異なっていますが、体の抵抗力が低下したときに発症しやすくなっています。
その多くは肺炎球菌による感染です。
肺炎球菌による感染は、全体の約30パーセントとなっています。
肺炎給金以外では、インフルエンザやマイコプラズマやクラミジアなどが原因となることがあります。
肺炎球菌などのウイルスに関しては、普通の風邪薬は効果がありません。
急速に悪化して呼吸困難を引き起こして死に至ることもあるので注意が必要となります。
肺炎球菌に感染しないためには、高齢者は予防をすることが必要です。
肺炎球菌ワクチンの接種もあります。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?