MENU

肺炎球菌感染症の症状とは

スポンサーリンク

肺炎球菌感染症とは肺炎球菌に感染することで発症する感染症のことです。
肺炎球菌は咳やくしゃみによって周囲に飛び散り、それを吸い込んだ人の鼻やのどの奥などに住み着きます。
免疫力が十分にある状態なら肺炎球菌が鼻やのどの奥などに住み着いても感染症を発症することは少ないですが、免疫力が低下している状態だと感染症を発症しやすくなります。
肺炎球菌感染症の中でも代表的な病気が肺炎です。
肺炎の原因菌は多数ありますがその中で最も多いのが肺炎球菌です。
肺炎の主な症状は発熱や咳、たんなどですが、これらの症状は風邪とよく似ているので初期段階では風邪と混同してしまうことが少なくありません。
しかし、肺炎の症状は一般的な風邪よりも長く続きますし、重くなりやすいという特徴があります。
また、食欲が低下したり、呼吸が浅くなったり速くなったりするなどの症状は肺炎と気づきにくいので肺炎と気づかないまま病状が悪化することがありますが、肺炎が悪化すると死に至ることもあるので注意が必要です。
特に高齢者は死亡率が高いので肺炎の疑いがある場合は早急に医療機関を受診することが大切です。

スポンサーリンク

肺炎球菌感染症には肺炎以外にも菌血症や敗血症、細菌性髄膜炎などの感染症があります。
菌血症の初期症状は発熱など風邪とよく似ているので風邪と混同しやすいですが、菌血症は細菌性髄膜炎に移行する可能性があるので注意が必要です。
菌血症と分かった時点で抗生物質の点滴などの治療を行えばある程度は重症化するのを予防することができますが、効果的な治療法はないので発症する前に予防することが大切です。
敗血症を発症すると悪寒や発熱、倦怠感、鈍痛などの症状が現れます。
敗血症が悪化すると意識障害やDIC、敗血症ショック、多臓器不全などの危険な症状が現れるようになります。
そのため、敗血症が悪化すると何らかの後遺症が残ることがありますし、最悪の場合は死に至ることもあります。
細菌性髄膜炎を発症すると高熱や嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状が現れるようになります。
これらの症状は風邪とよく似ているので発見が遅れて重症化しやすいですが、細菌性髄膜炎が重症化すると重い障害が残ったり命を落としたりすることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?