MENU

間接性肺炎による末期症状ってどういうものがあるの?

スポンサーリンク

肺炎といっても、原因は様々あります。
今回は、「間質性肺炎の末期症状」について解説をしてきたいと思いますが、その前にこの肺炎についての説明をしてきたいと思います。
肺炎には、「肺間質」と「肺実質」という2つに分かれることになるのですが、
気管支を通り、肺に入り込んだ空気は肺胞に取り込まれます。
肺炎というのは、そもそも肺の中に、細菌が入り込むことで感染を引き起こします。
その差に、感染が「肺胞の内部」(これが肺実質)で発症するものを一般的な肺炎と呼びます。
「肺胞の外部」(これが肺間質)こちらで炎症を起こしたものは「間質性肺炎」と呼ばれます。
またこの間質性肺炎を発症して進行していくと炎症を起こした細胞が徐々に線維化していきます。
これによって、、肺胞がどんどん分厚くなっていってきます。
そして、肺自体が硬くなってしまい機能がていかしてしまい、呼吸が困難いなってしまいます。
このじょうたいの事を「肺線維症」と呼びます。
間質性肺炎では、肺線維症を初め様々な型があります。
一般的な肺炎と比べ治療が困難だと言われている背景もあります。

スポンサーリンク

原因としてはさまざまあるとされています。
・膠原病
・塵、埃、ハウスダスト、ペット
・治療薬やサプリメントの一部の成分
・感染症
などが原因ではないかといわれています。
さて、このような肺炎を間質性肺炎というのですが、症状としてはどのようなものがあるのでしょうか?
症状としては、
・咳
・発熱
・痰
になります。
これはほかのマイコプラズマを初め肺炎と重なる部分ですが、あくまでこれは初期の症状のお話になります。
症状が進行することで肺の機能が大きく低下してしまいます。
そのため、呼吸が出来なくなってしまうというケースもあり「呼吸不全」という症状になってしまいます。
そのため、酸素吸引、人工呼吸を行うことが必要になります。
近年では、原因によって治療を行い改善するということも見られるようになりました。
しかしながら完全に治療を行えるほどの技術になるにはまだ時間がかかることになり、多くの命が肺炎によって失われているという現状があります。

スポンサーリンク