MENU

間質性肺炎の初期症状について

スポンサーリンク

間質性肺炎という病気を耳にすることがありますが、これは人間の肺の中でも間質と呼ばれる肺胞と肺胞の間にある組織に炎症が発生している状態となります。
咳が出たり息切れがしたりというような症状が現れ、最終的には肺がぼろぼろの状態となってしまいます。
間質性肺炎という病気の特徴としては、症状はゆっくりと進むようになっています。
予後は症状によって異なっています。
間質性肺炎にはどのような原因が関係しているのかというと、実際の所はっきりとわかっていません。
難病に指定されているものもあります。
その中で原因が明らかとなっている間質性肺炎もあります。
間質性肺炎ではどのような症状が現れるようになっているのかというと、初期の段階ではあまり変化を感じることがありません。
したがって自覚症状がないことが多くなっています。
初期の段階はゆっくりと進行し、自覚症状がないことが多いです。
知らない間に肺の中で炎症が進んでいることもあります。

スポンサーリンク

その中で間質性肺炎で初期の段階で体に現れるものとして咳があります。
普通の肺炎との違いは、乾いたような咳が出ると言うことです。
初期症状としては息切れや呼吸困難が発生することもあります。
初期の頃はじっとした状態では何もありませんが、動いているときに息切れを感じることが多くなります。
間質性肺炎では、症状の進行が早いときに発熱が見られることがあります。
間質性肺炎を長く患い、その中で発熱が見られる場合には風邪などほかの感染症を併発していたり急性増悪の可能性が考えられています。
初期の段階では自覚症状があまりありませんが、肺活量が低下してふらつきやめまいを感じることもあります。
肺活量が低下することで、呼吸が苦しくなったり息切れを感じるようになります。
少しの運動で疲れてしまうというようなこともあります。
間質性肺炎を初期に判断することが必要になりますが、どのような検査が行われているのかというと、詳しい病歴を問診し、血液検査が行われるようになっています。

スポンサーリンク