MENU

ヒブと肺炎球菌の追加接種の時期

スポンサーリンク

現在、病気に関する予防に関して、幼少時代から有効な手段として取られているものがあります。
それが、ワクチン接種になります。
みなさんも、幼少時代や学校などでワクチン接種をされた方がほとんどではないでしょうか?
中には、注射が怖くて泣いてしまうという苦い思い出をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
話はそれましたが、生後二か月を経過したら、さまざまなワクチンのスケジュールを綿密に立てることをお勧めします。
多くのワクチンが1回だけでなく2回から3回の追加接種が必要になるため、順を追って計画的に進めることがもっとも大切です。
スタートが遅れてしまうと、スケジュールが押してしまい、子供を病気にさらす機会が増えてしまうので注意が必要です。
特にヒブと肺炎球菌は追加接種が必要なワクチンのため、時期がきたら1回目を早めに接種しましょう。
まずは生後二か月になったら、早めにヒブおよび肺炎球菌、ロタウィルス、B型肝炎の予防接種をおすすめします。
ワクチンは1度に複数同時に接種しても問題がないため、医師と相談のうえ2個から3個受けておきましょう。

スポンサーリンク

ワクチンには定期接種と任意接種がありヒブや肺炎球菌は定期接種にあたります。
しかしながら、子供を病気から守るために、任意接種もできるかぎり組み入れて受けることをお勧めします。
生後2か月で1回目の摂取を終えたら、1か月後に追加接種が必要になります。
ここでは2回目のヒブと肺炎球菌を受けておきましょう。
任意ワクチンを組み込む場合には、ロタの2回目、B型肝炎の2回目を受け、4種混合もスケジュールに組み込みます。
その後1か月後にヒブおよび肺炎球菌の3回目を追加します。
この2種類は3回の接種で完了です。
これ以外に4種混合やロタの3回目も同時に接種が可能です。
このように回数をたくさん必要とするワクチンもあるため、時期がきたら早めに接種することをお勧めします。
予防接種は後の財産になるという位、大事になってきます。
仮に、病気に感染しても軽く済むことが多く、大事にいたらないで済むこともおおくあります。
ワクチンで注意をしていただきたいのが、ワクチンを接種してから、体調をこじらせてしまうお子様も沢山いらっしゃます。
また、アレルギー反応を起こす方も中にはいらっしゃいます。
このように、大事なワクチンではあるのですが、ワクチンを摂取することの副作用をしっかりと理解しておく必要もありますのでご注意ください。

スポンサーリンク