MENU

肺炎の入院期間ってどれ位かかるものなの?

スポンサーリンク

肺炎という病気は近年メディアでも取り上げられることが増えたので、比較的に有名な病気になってきたのではないかと思います。
肺炎球菌やマイコプラズマ肺炎といった病気という病気に関して聞いたことがある、もしくは感染したことがあるという経験をされた方もいらっしゃるのではないかと思います。
肺炎というと、原因にもよるのですが、薬物療法で治療することが可能です。
しかしながら、場合によっては入院が必要であることがあります
今回は、病院に入院する期間について説明をしてきたいと思います。
まずは肺炎の診断についてですが、基本な症状である継続的な咳、発熱で特に乾いた咳が出ているかどうかというのが判断の1つの材料になります。
そして、胸部のレントゲンを行うことになります。
肺炎であった場合には、胸部のレントゲンに白い影が出るのですが、これが肺炎の診断の特徴といえます。
そして、さら血液検査を行い、白血球や炎症反応の数値を見て総合的に判断することになります。

スポンサーリンク

その後、治療を行うにあたって、原因を調べることになります。
痰や血液の検査を行うことで判断することが多く、尿検査を行い判断するということもあるようです。
これによって治療薬の選択などが行われることになります。
上記にも記載をしているのですが、肺炎の治療は薬物療法により治療するため、外来で済むことが多いです。
しかしながら、乳幼児の感染や高齢者、原因が誤嚥性肺炎である場合には入院による治療をを行う必要があることもあります。
肺炎の治療で使用される抗生物質を服用しても中には、症状が改善するまで数日かかるというケースもあり軽度であった症状が、重度化してしまうということもあります。
これは体力の少ない乳幼児、高齢者に多く見られます。
入院期間に関しては、個人差があるのですが、5日から1週間ほどが大体といわれていますが、中には2週間ほどの入院が必要となる場合もあります。
誤嚥性肺炎の場合にはさらに長い期間になることもあるようです。
肺炎の状況や回復の状態によっても退院までの期間は差が出るのでしっかりと医師の指示のもと治療に励むようにしていきましょう。

スポンサーリンク