MENU

肺炎による入院の費用や料金で大体どれくらいかかるものなの!?

スポンサーリンク

風邪の咳がやけに長く続くと思ったら実は「肺炎」であったということがあったりします。
継続的に起こる咳のために医療機関に行って肺炎と診断されるということも多くあります。
肺炎には入院を必要とする場合や、外来のみで治療薬の服用で済むものまであります。
肺炎は日本人の死亡する病気の上位に位置する病気でもあり、特に高齢者になると発症することで命に関わるリスクも上昇していきます。
メディアなどでも取り上げらえれていてそういった記事をご覧になったかもいらっしゃるのではないかと思います。
さて今回は肺炎の「入院にかかる費用」について説明をしていきたいと思います。
肺炎の入院に治療ですが、ある程度の基準を満たすことで該当することになります。
そして入院をするのですが、これは入院期間や症状の改善によって異なります。

スポンサーリンク

病院によっても大きく異なるので、不安を感じる前に医療機関で相談をしてみてください。
さて一般的な入院について軽く説明をしていきたいと思います。
最低限、入院を行う場合にはやはり部屋の選択になるかと思います。
大部屋なのかもしくは個室の利用になるのかでも大きく料金が変わってきます。
大体の保険適用で1日6000円前後の金額になるのではないかと思います。
さらに、個室であれば、この金額に数千円の追加料金を支払う事になり10000円を超える部屋になることもあります。
そして、治療薬や食事などを含めて1日の合計が7000円から8000円前後になるのではないかと思います。
あくまで、概算としてのお話になるので、これがすべて正しい料金とは言えませんが、大体1日にこれくらいの費用は掛かるということを考えてみてください。
また10万円を超える場合に、忘れてはいけないのが高額療養費制度を適用するため、申請を行うようにしてください。
一番好ましいのが、入院する前に申請を行うことが好ましいのですが、肺炎の症状が急に重くなることもあり、この場合には一時的に個人で医療機関での費用を負担することになり、退院後の申請になることになります。
入院費用といっても数ある医療機関すべてが統一の金額ではないのでしっかりと相談することが大事かと思います。

スポンサーリンク