MENU

肺炎球菌のワクチンは医療費控除の対象です

スポンサーリンク

肺炎というのは、肺の炎症の総称であり、原因となるものは実はいくつかあります。
ウイルスや細菌のほか、否定型と3つの原因によっておこります。
その中で、肺炎球菌は、重い肺炎を引き起こす原因になるウイルスです。
悪化すると、中耳炎や細菌性髄膜炎、菌血症を発症します。
そして、最悪の場合には死に至ります。
そして、世界的にみても、身体の免疫力が弱い幼児や乳児がこのウイルスに感染すると高い確率で重症化しています。
そこで、10年ほど前から世界中で肺炎球菌のワクチンの予防接種を推奨するようになりました。
かつての日本においても、毎年200人ほどの乳幼児がこ肺炎球菌のウイルスに感染して、その3分の1が命を落としていました。
この状況を鑑みて、日本では2007年からこのワクチンを従来の予防接種の枠に採用しました。
しかし、接種を開始した当時は、医療費控除の対象ではない上に任意接種でした。

スポンサーリンク

そのため、子どもに肺炎球菌のワクチンを接種させる必要がないと考える保護者も大勢いました。
また、金銭的な余裕がない家庭では摂取が不可能でした。
そこで、日本政府は、肺炎球菌について理解を深める政策に取り組んできました。
そして、2013年からは定期接種に組み込むと同時に、医療費控除が受けられるように制度を見直しました。
加えて、製薬会社においては以前より副作用が少ないワクチンの開発が進みました。
その結果、乳幼児の接種人口が大幅に増加するとともに重症化する例が減少しました。
この予防接種は、生後2ヶ月から受けることができます。
ゆえに、現在では、生まれて初めての受ける予防接種として知られています。
また、平成26年度からは65歳以上の高齢者にも定期接種を推奨しています。
日本では風邪という病気が非常に身近で多く感染者を出しています。
そのため、多くの方が肺炎が風邪の延長上であり、症状が簡単に治ると考えていることが多いようです。
しかし、肺炎は風邪とはまったくことなり、なおかつ命に関わることがあります。

スポンサーリンク

関連ページ

肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?