MENU

咳はいつまで続いて肺炎になってしまうのか

スポンサーリンク

肺炎というのはもともとかぜの症状から発症することが多いです。
咳が出て風邪だと思って風邪薬を飲んでみるが、咳が止まらないということがあります。
咳がいつまでも止まらない状態が続くと、細菌が入ってることが多く、高熱も出て症状がでることが多いです。
そのまま処置もせずにいると命にもかかわることがあるので、咳がひどく治まらないことが続くようであれば、病院にいって受診してもうらうがいいでしょう。
肺炎にも種類があります。
細菌性、マイコプラズマなど症状もさまざまです。
血液検査で調べることができますので、肺炎の疑いがある場合は早く調べてもらったほうがいいでしょう。
いつまでも放置してると、重症化することもあり命の危険があります。

スポンサーリンク

風邪による咳から肺炎になる咳に変わると言うことの境目というのは、実際のところ、どのような段階で切り替わるのかと言うことはわかりません。
これは、肺炎の原因となっている病原体によって異なることと、いつの段階で病原体が肺に入り込むことになったのか?と言うことがあるためです。
そのため、ただの咳から肺炎の咳になるということに関しては正しい回答を出すことができませn。
また、症状によっては、入院して治療することも多いです。
中には、肺炎のワクチンを接種したのに、肺炎に感染してしまった!ということで疑問に思う方もいらっしゃいます。
肺炎の原因となるも物は実に沢山あるため、そのため原因がワクチンと関係のないものですと、肺炎に感染することがあります。
治療方法として主に、点滴による抗生物質投与になると思われます。
特にお年寄りは口から薬を投与しても、症状が悪化する危険性が高いということで、即効性がある点滴投与で治していくということになります。
点滴を2、3日にすると咳をする回数も少しずつ減ってきて、だいぶよくなってきます。
治るまではやはり1週間から2週間はかかるかと思います。
予防法としては、風邪引かない方法と一緒で、家に帰ってから手洗いをしっかりして、うがいもこまめにすることです。
あと、重症化しやすい赤ちゃんやお年寄りは肺炎球菌のワクチンがあるので、ワクチン接種をして予防するのが先決かと思われます。

スポンサーリンク