MENU

肺炎はなぜ咳、痰が出るの?

スポンサーリンク

喉の病気に関して「痰」という症状が出ることが多いです。
ではこの痰というのはどのような役割を持っているのでしょうか?
気管支炎も同じような、症状があるのですが、気管や肺の中には、細菌やウイルス、膿み、分泌された物がたまります。
これらを排出するのが、痰の役目になります。
そのため、風邪や、インフルエンザに感染した場合には、多くの痰が出ることがあり、こちらは皆さんもご存知の通りだと思います。
肺炎であると、特に肺にたまった異物を外に出すと言うことで活発に作用します。
また、気管支の粘膜は非常に高性能な器官です。
そのため、異物が中に入っただけで、かなりの量の分泌液が出ます。
肺炎というのは、痰の症状の他にも咳や発熱の症状がでます。

スポンサーリンク

これも内部の異物を駆除するために体が反応を起こしていると言うことです。
ここで皆さん、ご存知の方があまりいらっしゃらないと思いますので、元によって症状の原因が異なるということをご存知でしょうか?
また肺炎による痰は原因によって色の違いがあるので、説明をしたいと思います。
ウイルスが原因の場合というのは、白っぽい色や薄い黄色のような痰が出ることが確認できます。
また細菌が原因の場合の肺炎ですと、色は濃い黄色の事があり、緑色に近い場合もあります。
この場合には、注意がひつようなのですが、茶色や緑といった場合には肺炎以外の病気に感染している可能性があります。
濃い色の場合というのは、体の中の異常が強く起こっているサインなので、早期に医療機関での診察を行うようにしてください。
痰というのは、意識のなかでは、困ることが多いのですが、体を守る為の防御機能です。
また、色によって体の症状を見極める事ができるので、注意して見てみる必要があります。
喉というのはさまざまな症状をお越しますのが、これは肺炎にかかわらず、喉というのは、実はたいていの病気で症状を表す器官でもあります。
そのため、喉が出すサインを見逃さず、しっかりと医療機関で検査、治療を行うようにしてください。

スポンサーリンク