MENU

肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?

スポンサーリンク

肺炎というのは、実は原因がさまざまあります。
また、子供が掛かりやすい肺炎と、大人が掛かりやすい肺炎というのは異なると言うことがあります。
今回は、さまざまある肺炎の中でも「誤嚥性肺炎と肺炎球菌ワクチン」について説明をしていきたいと思います。
まず、この誤嚥性肺炎とはどのような肺炎なのでしょうか?
この誤嚥性肺炎は大人の肺炎と言ってもいいかもしれません。
特に高齢の方に発生することが多く確認されているものであり、症状によっては命に関わる恐れもあることから注意がひつようなものです。
この肺炎というのは、誤嚥ということから、唾や飲料、食べ物が本来ですと、食道を通過しなければいけないのですが、間違って気管に入り込み、肺にたどり着いてしまうというものです。

スポンサーリンク

また、細菌が唾液や痰に含まれていた場合には、肺に溜まり、細菌が増殖してしまうおそれがあります。
他にもこの症状は繰り返す事が多く、そのためこれらの原因となる細菌に対しても免疫が付いてしまうことがあります。
そのことが逆に治療の促進を止めてしまう要因になるのですが、症状が治りづらくなるということがあります。
肺炎には事前に予防をするワクチンと言うものがあります。
それが「肺炎球菌ワクチン」と呼ばれるものです。
この肺炎球菌ワクチンは、肺炎の原因となる肺炎球菌に効果をもたらします。
しかしながら、このワクチンを接種しても、誤嚥性肺炎になってしまうことがあります。
これには理由があるのですが、この誤嚥性肺炎というのは、じつは原因となる細菌が非常に多くあります。
そのため、肺炎球菌のワクチンを接種したところで、ワクチンの効果をもたらしてくれるのは、肺炎球菌のみと言うことになります。
また誤嚥性肺炎は、常在菌といって、体に常に住み着いている細菌が原因でおこることがあります。
そのため、ワクチンの接種だけでは防ぐことができない病気でもあります。
高齢者の方というのは、肺炎で命を落とす方が沢山いらっしゃいます。
ですので、肺炎に対しての知識、予防法を身につける必要があります。
肺炎というのは、寝てる際に、口呼吸に変わることで細菌が肺に侵入してきて肺炎になると言うこともありますで、予防対策を設けるようにしてください。

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?