MENU

肺炎を予防するためにどうすればいいの?

スポンサーリンク

肺炎によって命を落とす高齢者の方というのは、沢山いらっしゃいます。
これらを肺炎から救うためにはどうすればいいか?
一番の解決方法として、肺炎に感染させないようにする「予防」ではないかと思います。
今回はこの肺炎の事前予防について解説をしていきたいと思います。
肺炎の種類の中でも「誤嚥性肺炎」というものがあり、特にこちらの症状というのは、高齢者がおこしやすい肺炎ともいえます。
この誤嚥性肺炎というのは、簡単に説明をしますと、本来であれば、口から摂取した飲料や食物というのは、食道を通り胃に到達しますが、これが、誤って気管支に入ってしまうと言うことがあります。
そして、この誤嚥性肺炎の場合ですと、本来であれば食道に進むはずであった唾や痰が肺に侵入してしまうことを指します。またこれもただの痰ではなく、細菌まじりの物であると言うことがあります。
そして肺に到達して、肺の中で細菌が繁殖してしまい、肺炎になるというものです。
誤嚥性肺炎の原因というのは、口から摂取した際に嚥下機能の低下により起こります。
口には「嫌気性菌」と呼ばれている細菌が歯や舌の表面にいます。
この常在菌である、嫌気性菌を含んだ唾、痰を誤嚥して症状が起こります。
また虫歯や歯周病がある人ほど嫌気性菌の数が多いため、誤嚥性肺炎の予防として、口を清潔に保つ必要があります。スポンサーリンク

高齢者が誤嚥しやすい理由というのはどのような物があるのでしょうか?
加齢によって嚥下機能や呼吸能力が低下すると言うことがあります。
「歯の欠損、嚥下反射が遅くなる、嚥下の筋力の低下、咳の力の低下、食道入口部の開く時間が減少する、唾液の量の減少」などがあります。
高齢者になればなるほど誤嚥性肺炎のリスクは上がるのですが、かと言って20歳、30歳、40歳の方が症状を起こさないというわけではありません。
これらに関わる方ですと注意をしてください。
「泥酔して寝ることが多い、強い睡眠薬を常用、虫歯や歯周病がある、急いで飲食する、食後すぐに横になる」という方は、若くても、誤嚥性肺炎にかかるおそれがあります。
逆を言えば、これらに気を付けていると誤嚥性肺炎を防ぐことが出来るということでもあります。
また、口腔を清潔に保つということは非常に肺炎を防ぐために有効な手立てなので日々のちょっとした行動で防ぐことが出来ますので、生活に取り入れてみてください。

 

スポンサーリンク