MENU

肺がんと肺炎の似てる点、異なる点について

スポンサーリンク

病気というのは、似た症状の物がよくあります。
これは、体が異常に対して起こす症状がある程度決まっていると言うことがあります。
今回は、「肺炎と肺がん」の違いについて説明をしていきたいと思います。
この2つというのは案外共通項があるので、症状を見落としてしまう可能性があります。
また、肺がんの場合ですと、少しの遅れが症状の進展につながってしまうので、特に注意してください。
また、肺炎も、高齢者の方ですと、命に関わる病気の上位にいるので、双方共に命に関わる可能性がたかい病気といえます。
まず、この2つの共通点としてはどのような部分があるのでしょうか?
この2つで一番多いのが、初期症状の類似点になるかと思います。

スポンサーリンク

双方共に、「長い気管咳がとまらない、熱が出る、呼吸が苦しい、胸に圧迫感がある。」というような症状です。
この時点ではまず、素人はもちろんお医者様でも判断に迷うことになるかと思います。
そして、ここで大事になってくるのが検査ですが、この時点でも類似点があります。
それは、肺のがんの部分と、肺炎になった際ですと、レントゲンの映像というのは白くなるのですが、双方共に共通します。
そのためこの検査だけでは、どちらかという判断に困ることがあります。
そのため、他にも血液検査やCT検査を行い、性格に肺がんかそれとも肺炎なのかについての分類をはっきりと決めることになります。
この2つというのは、はっきりと治療法が異なります。
肺炎の場合ですと、抗生物質による治療になるのですが、肺がんですと、抗がん剤や放射能治療になります。
そのため、治療法が異なると、それだけでも命にかかわることになります。
また、原因というのも、肺炎というのは細菌が原因になりますが、肺がんですと、細胞の突然変異により細胞のがん化が原因になります。肺炎と肺がんというのは、原因自体は全く異なるのですが、症状自体が非常に類似しているために、見落としや、患者様でも風邪と勘違いするなどで治療に取り掛かるまで時間がかかる場合があります。
そのため、少しでも咳が長引くと言うときは、すぐに病院での検査を行うようにしましょう。

スポンサーリンク