MENU

肺炎の時にはお風呂に入っても大丈夫なの?

スポンサーリンク

発熱や病気の症状の際に気になることのひとつに、「お風呂」があります。
たとえば、風邪になった場合に、お風呂に入らないほうがいい!と言うことで言われた経験はありませんか?
またインフルエンザの様な病気のさいにでも同じように、お風呂には入らないほうがいいと聞いたことはありませんか?
しかしおふろというのは、日本人ですと当たり前に入ることが多いものです。
病気とはいえ、発熱などで汗を掻くと、肌がべっとりとしていまい、状況によっては、汗の塩分により肌が痒くなってしまうということがあります。
気分的にも、気持ち悪く、寝つきが悪くなると言うことで、このお風呂については関心が高いのではないでしょうか?
では「肺炎」の際のお風呂はいったいどうなのでしょうか?説明をしていきたいと思います。
肺炎の症状の際には「発熱」が起こります。
これは、風邪やインフルエンザと同じように、細菌やウイルスが体内にいるために起こるので当然の体の防御法でもあるのですが、この際にはできる限り、お風呂に入ることは控えてください。

スポンサーリンク

みなさんのなかに経験された方もいるかもしれませんが、発熱の際にお風呂に入ると寒いんです!!
またこの症状というのは一時的なものではなく、入浴後にも起こります。
これは、もともと発熱によって体の温度調整の機能が麻痺しているということがあるのですが、これによって非常に寒さを感じてしまうのです。
そのため、お風呂に入ることで発熱が、高熱になってしまう可能性もあります。
ほかの理由としては、お風呂というのは、意外にも体力を使います。
また体の水分を大量に消費します。
そのため、病気の体をさらに弱らせてしまうという事につながりますので、入浴に関しては控えるようにしてください。

しかしながら、「咳」のみの症状で発熱が収まっているんであれば入浴に関しては問題はありません。
とは言っても完治していない状態ですので、長風呂や極力、湯船につかるというのは体力を消費してしまうので控えるようにしてください。
もしも発熱が或場合には、ぬるま湯で絞ったタオルで気になる部分を拭く程度にとどめるようにしてください。

スポンサーリンク