MENU

肺炎による「入院」は何日くらいかかるの?

スポンサーリンク

病気に感染することで、重度の症状になることで入院するということは当然のことですよね。
入院によって、家族の方も心配になりますが、本人としても症状や入院期間など気になることが多いのではないでしょうか?
今回はそんな「肺炎の入院期間」について説明をしていきたいと思います。
肺炎というのは老若男女だもれが感染する病気です。
みなさんのなかではなじみがあまりないということもあるかもしれませんが、風邪やインフルエンザといった病気とおなじくらい、身近に存在している病気でもあるんです。
そんな肺炎ですが、たいていの場合ですと、医療機関での処方箋によってほとんどの方が完治してしまう病気です。
しかしながら、なかなか症状が改善しない方や、免疫力に低下している方や、免疫力が弱い子供や高齢者という方ですと、入院することがあります。

スポンサーリンク

もちろんそのほかにも20代や30代の健康な方でも入院をすることはあります。
では、本題に戻りますが、この肺炎治療に対しての入院期間というのはどのくらいなのでしょうか?
この入院期間はたいていの方が1週間以内で退院する事が多いです。
しかし、この1週間というのは、子供ならばまだいいのかもしれませんが、社会人やお勤めのかたですと、なかなか休暇を取ることが難しいという現状もあるかもしれません。
この場合には、医療機関での、書類を提出することと、肺炎というのは命に関わることがあるという認識をしっかりと説明して理解してもらう事が大事になります。
また、入院の件ですが、早い方ですと、3日、4日で退院する方もいらっしゃいます。
逆に長い方ですと1ヶ月という長い入院をされる方もいます。
入院中の治療に関しては、抗生物質や点滴による治療になります。
また、体の酸素濃度をはかり症状の改善を確かめます。
肺炎の入院に関しては、平均的に1週間という答えではあるのですが、症状が重度化している方や、治療での症状改善が思うように進んでいない場合には長期化するようです。
ですので、あくまでこの入院期間というのは目安として捉えて貰えればいいかと思います。

スポンサーリンク