MENU

高齢者が肺炎になると治療期間が長引くおそれがある

スポンサーリンク

免疫力が落ちてくると肺炎にかかりやすくなります。
細菌やウイルスなどの病原微生物の感染によっておこる肺の炎症のことをいいます。
高齢者などは免疫力が落ちている状態の人が多くかかりやすいようです。
またかぜやインフルエンザをこじらせたりするとかかってしまうこともあります。
せきや発熱や胸痛や呼吸困難などの症状があります。
高齢者の場合は調子が悪いときは早めに受診するようにしなければなりません。
症状が悪化すると入院しなければなりません。
また治療期間も長くなります。
一般の元気な方よりも、肺炎を治らすのに時がかかることが多いです。
安静にしなければならないので、体力もおちてしまいます。
悪化していかないためにも、まずは病気にならない体作りをすることが大切です。

スポンサーリンク

高齢者が肺炎にかかると、治療や入院期間が長くなります。
体力を回復させるためにも、高エネルギー、高ビタミンの食事をとることが大切になります。
免疫力を高めるようにしなければなりません。
牛乳やたまごや緑黄色野菜などがおすすめです。
食欲が落ちているときなどは、ジュースや煮物などにすると摂取しやすくなります。
なるべく治療期間を短く出来るように体力をつける必要があります。
免疫を活性化する働きがあるレクチンを摂取するのも良いでしょう。
豆類やジャガイモなどに多く含まれています。
細菌などを撃退する効果があります。
緑黄色野菜に含まれているカロテンには抗酸化作用があるため免疫機能を高めるだけではなく、粘膜を保護する役割もはたしてくれます。

スポンサーリンク