MENU

主に肺炎球菌が原因で発症する、肺炎の治療期間

スポンサーリンク

肺炎球菌は、肺炎の原因となる細菌の一つです。
原因菌の種類は、他にもインフルエンザ菌やクラジミアなど数多くあります。
その中でも、肺炎球菌が原因になるのは、約30%です。
肺炎球菌は、もともと鼻や喉の奥に存在することがあります。
免疫力が低下することで、肺炎を発症する可能性があるので、注意が必要です。
特に高齢者で、慢性疾患を持っている方や、治療中の病気がある場合には、感染するリスクが高まります。
症状が重くなると、入院が必要になります。
予防する方法は、うがいや手洗いはもちろんのこと、規則正しい生活を心がけることです。
ふだんの生活習慣で、体の抵抗力を保てるように努力することが大切です。
また、肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けることも、大変効果的です。

スポンサーリンク

日本では、死亡原因になる病気として、肺炎が第3位です。
年齢層を見ると、65歳以上が約97%を占めます。
日本は、先進国の中でも、一番高齢化が進んでいる国です。
加齢によって、肺炎を起こしやすい状況だといえます。
肺炎の症状は、主に発熱や咳です。
風邪の症状と似ているので、気づきにくいです。
長期間治らない場合や、特に高齢者の方でこのような症状が出た時は、早めに病院に行きましょう。
病院では、問診や血液検査、レントゲン検査などで、肺炎かどうかを診断します。
もともと症状が軽ければ、通院で済む場合もあります。
ただし、治療に使われる抗生物質は、効果が表れるまでに3、4日かかるので、安心して治療するためにも入院を勧める病院もあります。
入院する期間は、1〜2週間です。
特に、高齢者や慢性疾患を持つ方は、重症化する危険もありますので、長期間入院して治療をします。
医療の発達によって、長生きできるようになった現在、より健康的に生活できるように、予防対策や早めの治療が必要です。

スポンサーリンク