MENU

肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは

スポンサーリンク

細菌性髄膜炎は罹患した子供の半数以上が0歳の赤ちゃんです。
この病気は早期診断が難しい上、抗生物質が効かない菌が多く、生後6ヶ月以降の赤ちゃんに肺炎球菌による細菌性髄膜炎が増えてきています。
ですからその前にこの病気に対する免疫をつけておく必要があり、肺炎球菌ワクチン接種が勧められているのです。
小児用肺炎球菌ワクチンはWHOが最重要ワクチンの1つとして全ての国で定期接種にするべきだと勧告しており、日本でも2013年から定期接種となりました。
そのため多くの赤ちゃんが生後2ヶ月頃から予防接種が始ります。
初めての予防接種後で気になる事は接種後のお風呂です。
昔は細菌感染を防ぐために入浴しないようにと指導されていました。
しかし今は入浴の感染に影響は少ないことがわかり入浴してよいことになっています。

スポンサーリンク

ではお風呂に入るのはいつがよいのでしょうか。
肺炎球菌ワクチンに限りませんが、予防接種後はまれに強い副作用がでることがあります。
そのため病院で30分程様子をみます。
その後も何らかの影響があるといけないので、帰宅後すぐの入浴は避けたほうが無難だといえます。
また、注射の痕は接種後3時間以上経過しないとふさがらないという説があるので3時間以上あけてからお風呂に入ることが勧められます。
入浴の際の注意点は、注射部位をあまりこすらないことです。
注射液の副作用として注射部位のはれや発赤、しこりが時々見られます。
強くこすってしまうとはれなどの副作用に影響をおよぼしかねません。
ですから注射部位はこすらずにそっとなでる程度にしておくことが大切です。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?