MENU

肺炎が悪化する原因等について

スポンサーリンク

肺炎とはその名の通りに肺に炎症が発生するという疾患で、その多くが細菌やウイルス等に感染する事で発生します。
原因となりやすい細菌等としては肺炎球菌やインフルエンザ菌、マイコプラズマ等が挙げられます。
 発症した場合に現われる症状としては胸の痛みや咳、発熱や全身の倦怠感等がよく知られています。
それ以外にも食欲不振や頭痛、大量の痰の発生等もあり原因等によって現われる症状が多少異なります。
特に高齢者が発症すると悪化しやすい傾向にあり、ひどくなると呼吸困難等を起こして命に関わる事態になる可能性も充分に考えられます。
そのため高齢者が発症した場合には出来るだけ速やかに病院を受診して、早めに治療を開始する事が大切です。
特に高齢者の死因としても非常に高い割合を示しているものが肺炎ですので、体の機能が落ちていることもあり注意が必要になってきます。

スポンサーリンク

 肺炎を発症した場合の治療方法としては薬物療法を行なう事が多く、「抗菌薬や抗生物質」の投与等が行なわれます。
ただ症状が悪化していて口から薬を服用するのが困難な場合には、点滴という形で投与が行なわれる事もあります。
他の治療方法としては脱水状態の改善や予防、痰を出しやすくするサポート等が挙げられます。
 ちなみに肺炎は悪化すると命に関わる事態になる事もあるので、悪化を防ぐ事も重要です。
悪化の原因として挙げられる事としては、服用している抗菌薬等が効かない、本人の免疫機能の低下等があります。
 原因となる細菌等は常に進化を続けているため、薬に対して耐性を持った種類が次々と生まれています。
そのため従来の薬によって治療を続けても、期待する効果が出ないというケースもあると言われています。
また高齢者や生活習慣の乱れている人は免疫機能が低下している場合も多く、こうした人が発症した場合には特に注意が必要です。
治療薬では、「クラビット」といって、耐性のついてもので、「マイコプラズマ肺炎」に効果があるといわれています。
こういった、医療技術の努力はありますが、「誤嚥性肺炎」のばあいですと、上記にあるように治療薬の効果があまり認められないという事があるようようです。

スポンサーリンク