MENU

肺炎球菌ワクチンによる腫れ等の副反応症状について

スポンサーリンク

肺炎球菌ワクチンとは予防接種の一種で、肺炎球菌に感染する事で発症する肺炎を防ぐ効果があります。
ワクチンとは体内に抗体を作るというものなので、あらかじめ接種しておくと感染時に活躍してくれます。
体内に肺炎球菌が侵入しても繁殖する前に退治してくれますし、すでに繁殖が始まっていても食い止める効果が期待出来ます。
 肺炎を発症した場合に現われる症状としては咳や胸の痛み、痰や頭痛等といったものが挙げられます。
悪化してくると肺の機能が低下するので呼吸困難が発生する場合もあり、ひどい時には命に関わる場合もあります。
特に高齢者は免疫機能が低下しているため感染すると重症化しやすいので、ワクチンの接種が奨励されています。

スポンサーリンク

 肺炎球菌ワクチンの接種は一年を通じて、いつでも希望すれば病院で受ける事が可能となっています。
高齢者はもちろんですが呼吸器系の疾患や、慢性心不全等の持病がある人もあらかじめ受けておくのが望ましいです。
 ちなみに肺炎球菌ワクチンは接種してから体内に抗体が出来上がるまでに、平均して3週間程度の期間を必要とします。
 また人によっては接種後に、接種部分が腫れる等の副反応症状が発生するケースもあります。
腫れ以外にも接種部分が赤くなる、熱を持つ、痛む等の副反応症状が現われる人もいます。
ただ、こうした副反応症状は数日で自然と治まってくるので、症状が現われたからといって過度に心配する事はないです。
ただ数日しても腫れ等が引かない場合や、だるい等の体調変化が発生した場合には病院で相談したほうが良いです。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?