MENU

肺炎球菌ワクチン接種後の痛みについて

スポンサーリンク

子供からお年寄りまで、いろいろな予防接種を受けます。
インフルエンザの場合は、毎年流行する時期がありますので、接種する方も多いと思います。
ワクチンによって、それぞれの病気に対する抗体を作り、予防することができます。
平成26年10月1日から、新たに、高齢者用の肺炎球菌ワクチンの予防接種が、定期接種になりました。
特に抵抗力が弱くなっている、65歳以上の方が対象になります。
定期接種になったことで、少ない自己負担で受けることができるようになりました。
肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎だけではなく、気管支炎や敗血症なども防ぐことができるので、積極的に受けましょう。
同時に、喫煙者の方は禁煙をするなど、日常生活を改善することで、病気の予防を強めることができます。

スポンサーリンク

肺炎球菌ワクチンの定期接種は、1回のみできます。
2回目以降は、自治体からの助成はありませんが、受けることは可能です。
その際の注意点として、5年以上の間隔をあけなければなりません。
接種後の副反応で、痛みや腫れなどが強い場合があるためです。
初めての接種でも、人によっては副反応があります。
通常2、3日で治りますが、同時に痒くなることもあるので、引っ掻いたりしないように気をつけましょう。
傷口が広がったり、ますます痒くなりますので、痛みも悪化しかねません。
どうしても我慢ができない場合は、冷やすことで改善できます。
また、体調によって、予防接種後の症状が変わる場合があります。
風邪をひいていたり、体調が思わしくない時を避けて、受けるようにすると良いです。
痛みが、接種後から長期間治まらない場合や、具合が悪くなった時は、医師に診てもらいましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?