MENU

「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?

スポンサーリンク

肺炎球菌とは、感染することによって、肺炎や気管支炎、敗血症などの病気を引き起こす細菌です。
咳やくしゃみで飛び散ったものが、喉に付着することで感染します。
免疫力が弱い高齢者や小さい子供が、感染しやすいです。
予防対策としては、ふだんからマスクをすることや、うがい、手洗いなどあります。
高齢者の場合は、日常的に、抵抗力をつけるための食事や運動など、健康的な生活を送ることが大事です。
また、予防接種として、肺炎球菌ワクチンがあります。
平成26年10月1日から、厚生労働省が、高齢者のための肺炎球菌ワクチンを定期接種の対象に指定しました。
そのため、一定の年齢以上の方は、一生に一度だけ、低価格で予防接種を受けることが可能になりました。

スポンサーリンク

肺炎球菌には、約90種類もの血清型があります。
今回、定期接種になった肺炎球菌ワクチンは、そのうち23種類の型による肺炎の発生を防止することができます。
成人の場合、重い症状を引き起こす肺炎球菌の感染は、この23種類の血清型が原因になっていることが多いです。
予防接種を受けた後の症状として、注射をしたところが赤く腫れることがあります。
赤く腫れるのは、体内で抗体を作っているためです。
通常、2〜3日で腫れは引きます。
しかし、気になるようでしたら、タオルを水に濡らしてゆっくり冷やすと良いです。
氷や湿布などは、刺激が強いのでなるべく使わないことです。
患部を冷やすことで、症状が治まることがあります。

この腫れに関しては、一般的には、1日もしくは2日長い方で3日もあればほとんど症状が残っていない状態です。
しかしながら、肌の炎症がなかなか治まらないという方や、もしくは蕁麻疹を発症した方の場合には、免疫機能が過剰に働いた状態である可能性が高いです。
この場合には、医療機関での治療を行う必要があります。

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?