MENU

肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由について

スポンサーリンク

肺炎は、日本の死因第3位です。
昔は第1位をしめていましたが、医療技術の進歩によって、年々低下してきました。
しかし、最近になって、再び肺炎が増えています。
なぜなら、昔は乳児や中高年層に多く見られましたが、現在は高齢者に多く見られるようになったからです。
少子高齢化による影響と考えられます。
高齢になると抵抗力が低下し、様々な病気にかかりやすくなります。
肺炎もその1つです。
肺炎は65歳を超えるとかかる確率が明らかに増加します
その罹患率は年齢が上がれば上がるほど増加するので、平均寿命が延びたことも肺炎が増えている理由の1つです。
また、薬剤耐性菌が増え、昔は効いた薬が効きにくくなっているという現状もあります。

スポンサーリンク

つまり、ワクチン接種を受けるべき理由は、高齢になると肺炎にかかりやすくなる、しかも抵抗力が弱っているため治りにくい、薬も万能ではないということです。
したがって、予防が非常に重要になります。
高齢者が肺炎になる原因で1番多いのが肺炎球菌によるものだと言われています。
肺炎球菌は、厚い膜におおわれているため、体の免疫機能が働きにくい細菌です。
このため、65歳以上になると、肺炎球菌ワクチンを受けるべきとされています。
肺炎球菌ワクチンを受けるべき理由は理解しているが、このワクチン接種は保険がきかないため、接種を躊躇しているという方はいませんか。
平成26年度から平成30年度まで、肺炎球菌ワクチン接種が「65、70、75、80、85、90、95、100歳」の方を対象に接種費用の一部を助成する定期接種が始まりました。
これらの年齢の方はこの機会に受けるべきです。
肺炎を予防し、より長く健康で生きられるようにしましょう。
また肺炎というのは、原因が様々あであり、特に高齢者に多い肺炎というのは、「誤嚥性肺炎」というものです。
メディアなどの取り上げでは基本的に、この肺炎も混ぜて総称である「肺炎」という風に取り扱われていることが多いです。
肺炎の予防に関しては、「誤嚥性肺炎」を意識するのもだいじです!!

スポンサーリンク

関連ページ

「肺炎球菌ワクチン」は医療費控除の対象になります!!
肺炎球菌ワクチンは「誤嚥性肺炎」に効果があるの?
肺炎球菌が原因による中耳炎と大人の症状について
大人も感染する肺炎球菌とは?
肺炎球菌の場合の治療期間はどれくらい?
肺炎球菌による高齢者の症状ってどういうものがあるの?
30代40代の「肺炎球菌の予防や対策について
子供の肺炎球菌の症状と肺炎球菌の予防接種について
肺炎球菌ワクチン接種後のお風呂の影響とは
「肺炎球菌ワクチン」接種後に起こる痛みとはいったい何!?
「肺炎球菌ワクチン接種後」幹部が腫れたらどうするればいの!?
「肺炎球菌ワクチン」による腫れなどの副反応って何!?
肺炎球菌ワクチン副作用として発熱が起こる原因について
肺炎球菌ワクチンによる発疹の副作用とは?
肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について
「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの??
「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!?
「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの??
「肺炎球菌ワクチン」で中耳炎に効果があるってホントなの?
肺炎球菌ワクチンと赤く腫れる症状ってなに?
肺炎球菌感染症の症状とはどのようなものがあるの?