MENU

子供の肺炎の入院期間について解説します。

スポンサーリンク

肺炎というのは、種類があり、薬で治療が可能なものから、症状がの深刻具合によっては入院が火腸になることがあります。
特に、子供の場合には、「肺炎球菌」による肺炎になると、深刻になることが多いということで入院になることが多いです。
自分の子供が肺炎になってましてや、入院したとなるとやはり親としては心配になるのではないかと思います。
今回は、そんな「子供の肺炎の入院期間」について解説をしていきたいと思います。
まず、子供の肺炎の入院期間は大体2、3週間ぐらいです。
肺炎は老人になるほど治りにくくなる病なので老人になるまでは治る確率も高いし治るまでの時間も早いです。
完治までの入院期間も平均してみると2、3週間ぐらいの入院で治ります。
ただし2、3週間分の入院費はかかるので覚悟しなければいけません。
子供がかかりやすい肺炎は肺炎球菌やウイルス性の肺炎です。
このウイルス性は症状としては発熱や鼻水などを出して風邪に似ています。
他にもマイコプラズマなどがありますがこちらは珍しいので大体ウイルス性にかかるので注意が必要です。
しばらくは高熱が続きますが入院すれば治るのでしばらく安静にしておくことが大事です。
病院にいる間は少し良くなったからと言ってゲームなどせず安静にします。

スポンサーリンク

子供の場合と大人の場合でやはりこの病は違うわけです。
大人も50代以下までは子供より治りがはやいです。
ですので大人の人はそこまで心配しなくても治るのを待つか、病院に入らなくても通院だけで治る場合もあります。
なので心配する必要はないと思います。
病院に入るような場合でもほとんど期間はかかりません。
しかし子供の場合は必要になってくるでしょう。
症状が軽くても入って様子を見た方がいいです。
特にウイルス性ならまだしも細菌性の場合は必要でしょう。
大事をとって見てもらい、病院に入ってさらに長期間のスパンで診てもらった方がいいでしょう。
少し調子がよくなったからといってこの病気を甘くみてはいけません。
完全に完治するまで安静にしましょう。

スポンサーリンク